特許出願の流れ

特許取得までの7ステップ

「+」をクリックすると詳細がご覧頂けます。

+ STEP1:お問合せ (お気軽にご連絡下さい)

まずはお気軽に電話番号か予約フォームからお問合せ下さい。

今すぐ無料相談

①お電話でのご相談(無料)

営業時間:9:30~18:00(平日)
※ 時間帯によっては電話窓口が混み合い、繋がりにくくなっております。ご不便をおかけしますが、お時間をおいておかけ直しするかフォームからお申し込み下さい。

②フォームからのご相談

無料相談はこちら

24時間受付中。
お電話がつながりづらい場合はこちらへ

東京23区内なら無料出張可
それ以外のエリアの方はお電話またはビデオチャット対応も可能です。

+ STEP2:ご面談 (御社の発明やビジネスモデルをお聞きします)

どのような特許を取得できるのか、事業戦略上どのような特許を取得するべきなのかについてお話します。

さらに、実際に取得までにかかる費用をご提示致します。

+ STEP3:お申込み

事前に特許取得プラン、戦略、費用等、またリスクについてご提示させていただきます。

これらの全てにご納得いただけましたら、お申込みをお願いします。

+ STEP4:先行特許の調査と出願書類の作成

お申込み後、すぐに先行技術の特許調査と出願に必要な書類作成に取り掛かります。

+ STEP5:お振込み・出願

明朗会計

書類が完成し次第、一度ご確認いただいてから、問題がなければ特許庁に出願致します。

出願前にお振込みを頂く形になります。

+ STEP6:拒絶理由通知に対する反論(意見書・補正書)の提出

お客様の発明を広くカバーした特許を取得しようとすると、権利範囲が広くなりがちなため、「拒絶理由通知」が届くことも少なくありません。

拒絶理由通知に対する意見書・補正書などの反論のための書類を作成し、再度提出を致します。

+ STEP7:特許審査を経て、権利発生

特許庁より特許査定の通知が来ましたら、特許権設定手続きへと進みます。

ここまで最短半年、通常1年程度のお時間を要します。

ですが、今後の競合参入の障壁となる大きな武器を手に入れることになります。

今すぐ無料相談

①お電話でのご相談(無料)

営業時間:9:30~18:00(平日)
※ 時間帯によっては電話窓口が混み合い、繋がりにくくなっております。ご不便をおかけしますが、お時間をおいておかけ直しするかフォームからお申し込み下さい。

②フォームからのご相談

無料相談はこちら

24時間受付中。
お電話がつながりづらい場合はこちらへ

東京23区内なら無料出張可
それ以外のエリアの方はお電話またはビデオチャット対応も可能です。